学校用タブレットにおすすめ鉛筆型タッチペン使用感レビュー

Daisuke

タブレットを使った授業の際に、タッチペンを使って授業をしているクラスも多くなっています。
今回は特に小学生におすすめする鉛筆型タッチペン「P-TPENSシリーズ」のレビューです。
ごゆっくりご覧ください。

タッチペンの方式や違いとおすすめタッチペン

この記事を読んでほしい人

タッチペンの購入を考えている

  • 小学生のお子さんを持つ保護者の方
  • 学校の機材購入を担当されている職員の方
  • 学校の情報担当の先生方
目次

P-TPENS(E)シリーズについて

人気の鉛筆型タッチペンですが、2022年4月12日に新モデルが発売されました!
レビュー記事内でも新モデルとの違いについて記載いたしますが、主に変更になったところだけ記載しておきます。

  • ペン先の交換が可能になった。
  • 後端の消しゴム部分にストラップホールがついた。

エレコム公式新製品発表の記事はこちら

オンライン学習をがんばるお子さまに!
鉛筆と同じように持てる
六角形の子ども向けタッチペンを新発売

基本情報

製品URL P-TPENSシリーズ(ELECOMホームページ)
新モデルはP-TPENSEシリーズ

対応機種各種スマートフォン・タブレット
外形寸法長さ約120mm×ペン径約7.5mm、ペン先約5.5mm(旧モデル)
長さ約120mm×ペン径約7.0mm、ペン先約5.0mm(旧モデル)
材質本体:アルミニウム
ペン先シリコン・導電繊維
メーカーエレコム
Daisuke

ペン経とベン先の大きさが0.5mmずつ小さくなりました!
小さいほうが書きやすいので、素晴らしい改良です!

P-TPENSシリーズ特長

  1. 6角形なので持ちやすい
  2. 鉛筆と同じサイズ
  3. 名前を入れるスペース付き
  4. これまでにない滑らかな操作性
  5. 液晶画面を汚さずに操作可能
  6. タッチ操作はもちろん、スライド操作も快適

まずは、メーカー記載の特徴を実際に購入して確認してみました。

1.6角形なので持ちやすい

6角鉛筆と同じサイズなのでとても持ちやすいです。

2.鉛筆と同じサイズ

サイズは一般的な鉛筆と同じです。

長さは短いのですが、使っていて短くて不便になるほどではないです。

3.名前を入れるスペース付き

本体後部に名前を記入する欄があります。無くしたときのために名前を書いておきましょう。普通の名前ペンで記入できます。

5〜6は普通のタッチペンなので割愛します。

P-TPENSシリーズ価格は?

大手通販サイトを見ると大体1,500円くらいが多いようです。

新モデル

交換用ペン先(導電繊維)

旧モデル

P-TPENSシリーズおすすめポイント

Daisuke

それでは実際に購入しをしばらく使ってみた感想をお伝えいたします。

  1. ペン先が導電繊維で滑らか
  2. ペン先がしっかりしていて壊れにくい
  3. 他の文房具と馴染む
  4. 色がたくさんあり好きな色を選べる(モデルチェンジにより色の種類が変更)

ペン先が導電繊維で滑らか

タッチペンのペン先は導電繊維、シリコン、ディスクなど色々ありますが、導電繊維のペン先は反応がとても良いです。

シリコンの場合だと強く押し込まないと反応が無い時があるのですが、導電繊維の場合軽く触れるだけでも操作ができます。

実際に描いてみた動画ありますので、ご覧ください。

特に強く当てているわけではありませんが、ちゃんと文字が書けています。(字が下手なのは本当にすみません💦)

パーツの接着もかなり強いのでぐいぐい押し付けてもペン先が外れる気配はありません、小学生男子などちょっとやんちゃなお子さんでも十分長持ちするくらい頑丈です。

絵などを描く際にもほとんど問題なく描くことができます。妻に書いてもらった絵があるので、そちらの描画中の動画もご覧ください。

ペン先がしっかりしていて壊れにくい

部品の接着が丈夫なので写真のように押し付けてもちゃんと元に戻り変形もしません。

これはディスクタイプ以外であれば同じかもしれませんが、この製品は交換ができない代わりにかなり頑丈に接着されています。本体も余計なパーツが付いていないので、壊れるところが見当たらないほどです。

他の文房具と馴染む

見た目完全に鉛筆なので、筆箱に入れても他の文房具と馴染みます。

こんな感じで全く違和感がありません。

他のタッチペンのようにボールペンのような作りをしている場合、ちょっと浮いてしまいますよね。
中学生でシャーペンなどを持っていれば違和感はないのでしょうけれども…

色がたくさんあり好きな色を選べる(モデルチェンジにより変更)

ブラウン、ピンク、イエロー、グリーン、ブルー、ブラックと6色のラインナップ!
たくさん種類がありますので子供が好きな色を選ぶことができます。
1人で複数本持つことはないと思うので、好きな色を選べるのは大事ですね!

モデルチェンジにより
ブラック、イエロー、ブルーの3色のみ
となりました。

P-TPENSシリーズの残念なところ

  • ペンの後ろ側が消しゴムっぽい(モデルチェンジにより改良)
  • ペン先の交換ができない(モデルチェンジにより改良)

ペンの後ろ側が消しゴムっぽい(モデルチェンジにより改良)

これはデザイン上のことなんでしょうけれども、消しゴムが付いてそうなデザインですが、実際はただの白いプラスチックです。
デザイン的にはとても良いんですけどね!

モデルチェンジによりあの消しゴムっぽかった
後端部分にストラップホールがつきました!
これでタッチペンとタブレットをつないでしまえば失くしてしまう心配が減りますね!

ペン先の交換ができない(モデルチェンジにより改良)

長い間使っているとペン先が摩耗してきたり、筆箱に入れていると汚れてきたりするのですが
このペンの場合ペン先が交換できません。
摩耗したら本体買い替えになってしまうんですよね。

モデルチェンジによりペン先の交換ができるようになりました。
ペン先を回すだけだ取り外し取り付け可能です。

Daisuke

これによりデメリットが完全に消え去りました!

逆に交換できるようにしてあるとその部分のせいで壊れたりしてしまう可能性もありますので一長一短ですね。

Akari

こんなことが書いてありましたけど!

Daisuke

あっ、この点は逆に懸念点として発生してしまいましたね。

まとめ

以上エレコム製「P-TPENSシリーズ」のレビューでした。

おすすめポイント

  1. ペン先が導電繊維で滑らか
  2. ペン先がしっかりしていて壊れにくい
  3. 他の文房具と馴染む
  4. 色がたくさんあり好きな色を選べる

残念なところ

  • ペンの後ろ側が消しゴムっぽい
  • ペン先の交換ができない
Daisuke

正直残念なところは難癖に近いレベルですね💦
それくらい良い製品だと思います。

Daisuke

商品の購入は下記リンクからよろしくお願いします。

姉妹品でペン先がシリコンの製品も出ています。
個人的には導電繊維の方が好みなのですが、シリコンの方が合うという方もいらっしゃると思います。
今回のレビューは導電繊維の「P-TPENSシリーズ」になりますのでご注意ください。

ペン先シリコンモデルはこちら

にほんブログ村やってます、ポチッとしていただけると喜びます。
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次